PPC広告について

PPC広告とは

ホームページにアクセスを集めるためにSEO対策と共に取り組みたいのがPPC広告です。
PPC広告とはPay Per Clic広告の略で、クリック回数に応じて課金されるタイプの広告です。
PPC広告はGoogle等の検索エンジンでの検索結果のページ等で表示されるなど、(広告を表示させるキーワード等を選択することができます。)見込み客候補に訴求しやすいため、非常にアクセスを集める効果が高い広告となっています。
設定等に関しては、やや難しい側面もありますが、今はPPC広告の設定の仕方等を細かに解説した本もたくさん出ていますので、そういったものを参照しながら、是非、取り組んで頂きたいと思います。

どのようなPPC広告に取り組むべきか

PPC広告には、いくつかの種類がありますが、みなさんが取り組むのはGoogle Adwords広告とYahoo!プロモーション広告(旧Yahoo!リスティング広告)の2つで充分です。
これ以外のものは、規模も小さく広告効果もあまり期待できないからです。
また、どちらも同時に取り組む必要はなく、まずはどちらかから始めて慣れてきたら他方にも取り組むという進め方で良いと思います。
ちなみに現状は、一般消費者向けにはYahoo!プロモーション広告の方が効果が出やすいと思いますので、個人的には、まずはYahoo!プロモーション広告からはじめて、いずれはGoogle Adwords広告にも取り組むという流れをお勧めします。(いずれは、おそらく一般消費者向けでもGoogle Adwords広告の方が効果を発揮する時が来ると思います。)
なおPPC広告の細かい設定等については以下の本を参照して下さい。
Googleアドワーズ & Yahoo!プロモーション広告 対応 新版 リスティング広告 成功の法則
一応、Google Adwords広告、Yahoo!プロモーション広告共に設定方法等について解説したサイトは設けられていますが、正直、情報量が多すぎて、なかなか要点が掴めません。
この本を読む方が、よほど早く、効果的な広告設定ができると思います。

PPC広告に取り組む上で絶対に忘れてはならないこと

PPC広告に取り組む上で絶対に忘れてはならないことが一つあります。
それはPPC広告に取り組むより以前にホームページの内容をしっかりと作り込むということです。
そうしないとPPC広告の設定がうまくいき、ホームページへのアクセスが増えたとしても、肝心の問い合わせが全く増えないということになってしまうからです。
PPC広告を利用する目的は、単にホームページへのアクセスを増やすことではなく、最終的に問い合わせを増やすことにあるのですから、まずは問い合わせをしてもらえるようなホームページをしっかり作ってからPPC広告に取り組むようにしましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ